HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職支援サービス活用術 > コンサルタントが合わないと思ったら即変えてもらう

コンサルタントが合わないと思ったら即変えてもらう

転職支援サービス活用術

「転職」が多い薬剤師業界ですが、「就職支援会社」を実際に利用した薬剤師さんからの話では、「とても便利だった」と言う事を耳にします。

「就職支援会社」を利用して転職をする事で、余計な時間やエネルギーを使わないので、効率的に転職先を見つける事が出来ます。
更に、一人で求人を探して転職する場合、限られた少ない求人から選ぶようになってしまいますが、求人数が圧倒的に多いので、豊富な情報から薬剤師の求人を探す事が出来ます。
また「非公開求人」と言って、支援会社へ直接、調剤薬局や医療関連施設などから、
薬剤師の募集をしているケースも多いので、たくさんの求人情報を得る事が出来るのです。
支援会社としてのサポートの一つとして「専任のコンサルタント」が付いてくれることで、細かな条件にもしっかりと対応してくれます。

ただ、この「専任コンサルタント」も、「経験」や「薬剤師に関する知識」が勉強不足な場合、自分の「条件や、職場の雰囲気・薬剤師ならではの質問」に対して、中々答えられないコンサルタントもいます。

コンサルタントも人間です。
気が合わない場合もあります。
確かに、薬剤師の仕事を探して、就職支援会社に登録しているのだからある程度の予備知識や、紹介しようとしている職場の概要位は頭に入れてほしい物です。

しかし、コンサルタントとの話し合いは、今後の転職を成功させるかどうかの大切な時間です。

少しでも今担当の「コンサルタント」が「自分に合っていない」と思った場合は、「コンサルタント」を思い切って変える事も一つの方法です。

医療関連・薬剤師に関しては、とても広い範囲で人脈や強い繋がりが必要です。
薬剤師と言う、専門的な職業には「経験と知識が豊富な人」のサポートが有って、初めて可能となります。

決してわがままな事ではありませんので、恥ずかしがらずに「コンサルタント」の変更を申し出る事も必要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜