HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職コンサルタントとの電話面談

転職コンサルタントとの電話面談

転職・就職(転職サイト登録)

「転職支援会社」に登録した場合、「転職コンサルタント」からの電話連絡の後、直接面談をすると言うのが、基本的な流れとなっています。
ただ、現職や、居住地の関係で、直接の面談が難しい場合は、電話面談を行ってくれる場合もあります。

電話面談の場合「相手の顔が見えない」ので、こちらとしても不安がありますが、それは相手のコンサルタントも同じ気持ちです。
「転職コンサルタント」は、ただ内容を把握して求人を紹介するわけでは無く、直接会って面談する事で「人柄・話し方・態度・服装」等から、しっかりと見極め、一番相性の良い求人を探してくれるのです。
どうしても、直接の面談が難しい場合は、電話面談もやむを得ないと思いますので、そういった場合には、相手に充分な意思表示が出来るよう心がけ、電話面談を有効活用できるようにしましょう。

電話での面談の際には、声が低く籠って聞こえますので、いつもより声をワントーン上げて話す事で、明るい印象を与えます。
第一声は、面談をしてくださることに感謝を表すよう心掛けましょう。
仕事とは言え、相手は生身の人間である事を忘れてはいけません。
お互いの意思の疎通が出来て、初めて転職活動のパートナーとなれる事を、きちんと認識する必要があります。
「お忙しい中ありがとうございます。よろしくお願いいたします。」
たったこれだけで、話がスムーズに運んでいきます。
最後にお礼を言うよりも、最初に感謝の意を表された方が、コンサルタント自身の熱の入り方が違ってくるようです。

たまに、「自分のアピール」をするつもりが、「自慢話」になっていると言う方もいらっしゃいますが、コンサルタントが聴きたい事は「過去のあなた」では無く、「転職を希望する理由」「転職先でやりたい仕事」等、今後の目標とする自分像です。
コンサルタントの質問やアドバイスにきちんと耳を傾けて応えられるよう充分注意しましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜