HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 転職コンサルタントとの面談

転職コンサルタントとの面談

転職・就職(転職サイト登録)

「転職コンサルタントとの面談」を面倒だと感じる方もいらっしゃいますが、正直コンサルタントと直接合って面談する事は、細かい情報までキャッチし、失敗の無い転職活動をする為には、必要な事です。

転職サイトでは登録後に、中心となって転職を支援する「専任のコンサルタント」を付けてくれます。
支援サイトによって、「転職コーディネーター・コンサルティングスタッフ」等呼び方は様々ですが、内容に大きな差は有りませんので、その点は心配する必要はありません。

最初に、メールや電話で、「氏名・薬剤師資格の有無・登録の確認」などの簡単な連絡が入ります。
その後面談となりますが、単に「情報収集」や「非公開求人を見てみたい」と言う場合は、電話やメールだけでのやり取りも可能です。
しかし、転職の意思が固まっているのであれば面談は非常に重要です。
面談のヒアリングによって、コンサルタントは、転職者本人の「職場適性・コミュニケーション能力」等を見極める事が出きるからです。

最初に、転職したい「職種・希望条件・勤務エリア・給与・休日」等を詳しく説明してください。
また、職場の雰囲気に要望が有る場合には(女性の多い職場・年齢層が若い職場等)を詳しく説明することで、コンサルタントは、より希望に沿った案件を紹介してくれます。

更に、今後の「薬剤師としてのキャリアアップ」について、具体的な希望が有る場合は、それを伝える事で、プランに合わせた条件で案件を探してくれますので、そういった部分も、細かく話したほうがベストと言えるでしょう。

この様に、中身の濃い面談は「転職者に代わって転職先を探す」コンサルタントにとっても、重要な要素であり、それによって転職者自身のアピール部分を上手に引き出す事が仕事の一つでもあるのです。

コンサルタントとはこまめに連絡を取り、上手に付き合い、利用させてもらう事も、より良い転職をする為の、一つの方法です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜