HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 悪い転職コンサルタント > ネガティブ

ネガティブ

悪い転職コンサルタント

「転職者をポジティブにサポートしてくれない」
転職を効率よく進めるためには、転職の動機や目標をポジティブに考えながら設定することが重要とされています。
前職を辞める(辞めた)理由がネガティブでも、それをポジティブな方向に変換する必要があるのです。
しかし求職者自身がどんなにポジティブでも、転職コンサルタントがネガティブ思考ではスムーズな活動はできないでしょう。
反対に求職者自身が多少ネガティブでも、良いコンサルタントであればそれを解消してくれるはずです。

基本的なスタンス・態度・アドバイスの内容がネガティブでないか、これも良い転職コンサルタントを見極めるための重要ポイントです。
条件などに多少の問題があっても前向きにサポート・アドバイスしてくれる、必要な場合は企業に交渉するというのは、ポジティブな人でなければできないことです。

転職者は、応募しても採用されないリスクだってあります。
一度不採用だったからとすぐにネガティブになるようなコンサルタントでは、いつまでたっても転職は成功しないでしょう。
不採用だった理由をフィードバックした上で、次につなげることも転職コンサルタントの重要な仕事です。

転職活動中の薬剤師が抱えている不安を理解できるのは、多くの薬剤師を担当してきたコンサルタントだけです。
あまりにマイナス思考な発言が続くようでしたら、コンサルタントの変更を検討しましょう。

ポジティブな人であるかは、面談をしないとわからないことでもあります。
メールや電話に限らず、面談でしっかりと顔を合わせることが大切です。
また顔を合わせた後もなるべく頻繁に連絡を取り、必要に応じて再び面談をするようにしましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜