HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(転職サイト登録) > 悪い転職コンサルタント > 「確認しないと答えられない」が多い

「確認しないと答えられない」が多い

悪い転職コンサルタント

「質問に答えられない転職コンサルタント」
求人案件の内容などについて、あなたから疑問や質問があった場合はまずはコンサルタントに尋ねることが多いかと思います。
このとき、コンサルタントがあなたかの質問にどのくらい答えられるかどうかは、良いコンサルタントを見極めるための重要なポイントとなります。

薬剤師業界の転職に強く、常に情報収集を欠かさないコンサルタント、さらにそれらを社内で共有しているコンサルタントであれば、紹介企業や求人案件について答えられるはずです。
これらの質問について、よほど専門的な質問でない限り「確認しないと答えられません」という回答が多いコンサルタントには注意が必要です。
即答はできなくても、ある程度のデータは保持しているはずです。

質問のたびにわざわざ企業に確認されていては、いつまでたっても転職活動をスムーズに進められないでしょう。
企業について、案件について、募集ポジションについてなどの質問にスムーズに答えてくれない転職コンサルタントは、キャリアが浅く業界にもなじんでいない可能性が高いです。

また上記以外にも薬剤師の基本的な専門知識に乏しいコンサルタントですと、薬剤師求職者からの質問に答えられないことが多いです。

「良いコンサルタントかを見極める質問」
紹介された案件について質問する場合は、以下に関する質問を担当コンサルタントにしてみましょう。
・その企業を自分に紹介してくれた理由
・案件の求人の背景
・職場見学ができるか
これらの質問にスムーズに・なおかつ的確に答えられないコンサルタントは、あなたの条件や強みを理解せずに求人案件を紹介している可能性があります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜