HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > ドラッグストア薬剤師 > ヤックスドラッグ

ヤックスドラッグ

ドラッグストア薬剤師

千葉県と茨城県を中心に展開される「ヤックスドラッグ」は「株式会社千葉薬品」が運営するドラッグストアチェーンです。

「ヤックスドラッグ」創業者である齊藤茂昭氏によって、1960年当時、埼玉県春日部市に小規模薬局として始まりました。
「スーパーマーケット」の出店などを経て、様々な試みを繰り返す事で現在のドラッグストアのスタイルを確立し、現在は「株式会社千葉薬品」の運営する事業は「ヤックスドラッグ」だけにとどまらず、スーパーマーケット、釣り具・アウトドア用品、介護用品等の専門店の運営等、幅広い展開で、地域の人々に認知されています。

ここまでドラッグストアとして発展してきた理由としては「より良い品を、より安く」と言う、創設時代からのモットーが活かされています。

現在は「少子高齢化社会」と言う、特殊な時代に直面しています。
消費者のニーズも時とともに変化し「安い」と言うだけでは、顧客の満足度は得られない時代となりました。
そこで「ヤックスドラッグ」は次世代型のドラッグストアとしての機能を兼ね備える為に「ドラッグストアの24時間営業」「医療・福祉・介護」の連携・充実による「デイサービス」や「パワーリハビリ」等、様々な医療・介護サービスの提供に力を入れています。

そもそも、ドラッグストアとしての機能にプラスして、スーパーマーケットのノウハウを持ち合わせていたこともあり「よりお客様・患者様・利用者様の立場で考えられる」営業を可能にしました。
それが、地域住民の心を捉え「地域密着型」の店舗を実現させたと言っても良いでしょう。

「町の掛かり付け薬局」としての機能は、今後需要が高まると予想される「在宅医療」の分野だけでは無く「自分の健康は自分で守る」と言う、地域住民の「セルフメディケーション」のサポートをする上でも、非常に役立つ事と思われます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜