HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > ドラッグストア薬剤師 > ツルハドラッグ

ツルハドラッグ

ドラッグストア薬剤師

北海道を拠点として展開される「ツルハドラッグ」は、グループ店舗である「クスリのツルハ」などと共に、主に東日本を中心に全国930店舗(、中国地方と九州・沖縄地方を除く)を展開する大規模ドラッグストアの一つです。
本社所在地を札幌市に構え、持株会社である「株式会社ツルハホールディングス」の100%子会社として、店舗運営を行っています。

消費者に支持され続ける理由の一つは「低価格販売」にあります。
これは「仕入れコストを限界まで引き下げる」と言う事と、また「POSデータを用いた効果的な商品展開」により「必要とされる商品を絞り込み、より安価で提供する」事で、お客様からの厚い支持を集めているようです。
これは「プライベートブランド」への充実へと繋がり、現在では「主力商品」でもあり、その売り上げは、ドラッグストア業界の中でもトップクラスを維持しています。

更に「ツルハドラッグ」の特徴は「ドミナント方式」にあります。
これは「同一地域内に多数の店舗を集中して構える」と言う事で、「同業他社」が参入してきても「客を奪われにくくする」事が可能となります。
つまり、通常では「1店舗当たりの売り上げ」を目標にする事が多い中「グループ全体での売上」を目標にする事で、よりお客様に「ツルハドラッグ」を利用してもらいやすくすることが出来るようになります。
どこに行っても「同じ商品」「同じサービス」を受けられる事で、他のチェーン店へのお客様の流入を防ぎ、「ツルハドラッグ」へ足を向けやすくすることで、グループ全体の売り上げを向上させる事へと繋がっているのです。

この様な経営戦略は、「DCMホーマック」や「ニトリ」、スーパーマーケットの「ラルズ」等と並び「北海道現象」と呼ばれ、流通の各業態で、売り上げを伸ばす事でトップに立ち「ひとり勝ち」をする代表例となっています。

今後は、併設の「調剤薬局」充実する事で、差別化を図る事が目標とされています。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜