HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > ドラッグストア薬剤師 > 高いコミュニケーション能力が必要

高いコミュニケーション能力が必要

ドラッグストア薬剤師

ドラッグストアで働く「薬剤師」にとって、非常に重要となるのは「高いコミュニケーション能力が必要」と言う事です。
その理由は「調剤薬局」や「病院」の薬剤師と違い「サービス業」であると言う所にあります。

「ドラッグストア」の場合「薬剤師」としての業務に加え、店舗内での「商品陳列」や「商品説明」また、お客様への「的確な案内」が必要とされます。

「ドラッグストア」へ足を運ぶ方は、具合の悪い患者様ばかりではありません。
「OTC医薬品」を始め、「日用品」や「食品」「サプリメント」「衛生用品」等、生活に必要な様々な商品を求めて来店されます。
特に「サプリメント」や「OTC医薬品」に関しては、他の従業員よりも、白衣を着用している「薬剤師」だからこそ、尋ねられる機会が多くなります。
その際に必要なスキルが「コミュニケーション能力」なのです。

お客様や患者様が「今必要としている商品」に関しての知識は勿論、それに関する情報をより「判りやすく」また「的確」にお伝えする事は、ドラッグスタで働く薬剤師にとって重要な業務と言えるでしょう。

もしお客様が、指定して「OTC医薬品」を購入される場合にも、それを必要とされる方の「体調」や「症状」「体質」を上手にお伺いする事が必要です。
中には他のお薬をお勧めした方が良い場合もあります。
また「病院への受診が必要」とされる症状も存在します。
そのような場合、お客様に信頼して頂き上手な情報提供の為にも「コミュニケーション能力」は必要不可欠と言えるでしょう。

更に「ドラッグストア」での勤務の場合、薬剤師だけでは無く、多くの従業員と接する機会が多くあります。
そのような際にも「コミュニケーション能力」は必要とされ、上手な人間関係を築く事が重要とされるのです。
「お客様」「患者様」それに加え「従業員」から信頼を得る為にも「高いコミュニケーション能力」は必要不可欠である事を覚えておきましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜