HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > ドラッグストア薬剤師 > クオール薬局

クオール薬局

ドラッグストア薬剤師

1992年「クオール株式会」は、「調剤薬局」「医薬品の販売」を目的として設立されました。

2009年6月の「改正薬事法の施行」により、一部の一般用医薬品は、薬剤師だけでは無く「登録販売者」と言う新しい認定資格により、販売可能となり、この規制緩和は「クオール薬局」にとって、大きな転換期ともなりました。

国内での「コンビニエンスストア」の利用が急激に加速した現代、この利便性は無視できない存在です。
その利便性を活かす事で「クオール薬局」は注目を浴びる「ドラッグストア」へと進化してきました。
「コンビニエンスストア」の利便性にプラスして、「薬局」の「専門性」を融合させる事で、若い人だけでは無く、高齢者にも利用しやすい「コンビニエンスストア」としての機能を兼ね備えた「ドラッグストア」と言う、新しい店舗作りを成功させたのです。
その第一号が「ナチュラルローソンクオール薬局城山トラストタワー店」です。

この発想は「常に患者様の為、を優先させる」と言う企業理念に基づくもので「店舗展開の特徴」にも繋がっています。

また「医療機関」と「調剤薬局」のマンツーマンの関係による運営は「クオール薬局」独自の物とも言えるでしょう。
その為、患者様の「医療とは関係のない支出」を最小限に抑えられるので、様々なサービスに投資する事で、患者様へ還元する事が可能となりました。
また、地域の必要性に応じて「店舗設計・機能」を変える事で「地域住民に愛される薬局」として認知されているのです。

従業員に対しての福利厚生や、雇用形態にもきめ細やかな配慮が有り、一つには「カフェテリア・プラン」と言う制度があります。
これは、「遊びやスポーツ」「キャリアアップ」など、個人のライフスタイルに合わせて選べる柔軟性のある「選択型福利厚生制度」です。
これらを含め「働きやすい職場」であるとも言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜