HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > ドラッグストア薬剤師 > ハックドラッグ

ハックドラッグ

ドラッグストア薬剤師

従業員数3724人を誇る「株式会社CFSコーポレーション」の運営する店舗が「ハックドラッグ」で、調剤薬局併設型のドラッグストアです。
現在は「イオングループ」の傘下であり、静岡県や神奈川県を中心として308店舗を構える、地域密着型のドラッグストアとして地域住民から長く支持されてきました。
企業名である「CFS」は、お客様・第一主義・店舗」の英語表記の頭文字から来ていますが、この名称はあまり浸透していないのが実情です。
店舗名である「ハックドラッグ」と言う名称より、旧薬剤部門の「キミサワ薬局」や、創立当初から同時展開していた「スーパーキミサワ(現在はイオングループ運営)」の名の方が住民に親しまれています。

立地条件にもよりますが「ハックドラッグ」の多くの店舗は「高齢化・狭域商圏」に対応できる「地域密着型」の店舗作りを常に心がけ、更には「目標」とされています。
経営理念である「地域社会への貢献」は、店舗作りにおいて、欠かせない条件のようです。

地域密着型の証拠に「OTC医薬品」販売の他、様々な「健康食品・サプリメント・介護用品」また「化粧品」を取り扱う事と並行して「食事・運動療法」「養生方」などの「生活提案」アドバイスしている点も特徴の一つと言えます。
その為、幅広い知識が求められる事から、薬剤師・登録販売員・販売スタッフの他、薬局では珍しい「管理栄養士・栄養士」まで在籍しています。

就職に関しては採用後の「スキルアップの為の講習会」や「セミナーの開催」等、それぞれのスキルに合った「キャリアプラン」が用意されているので、就職後も、更なる「スキルアップ」も可能です。

今後の薬剤師にとって必要とされる道筋を「サポートしてくれる職場」と言う意味でも就職する価値があると予想されます。
今後は「経営・医薬品」に関するプロフェッショナルを育成する事で、新しい分野である「在宅調剤」にも進出する予定です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜