HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > ドラッグストア薬剤師 > くすりの福太郎

くすりの福太郎

ドラッグストア薬剤師

1957年に、千葉県鎌ケ谷市に「福化粧品」として創業されて以来、1971年に化粧品・医薬品販売会社の「株式会社福」が設立されました。
2002年8月には、現在の「株式会社くすりの福太郎」と名称が改められ、2006年11月に「株式会社ツルハホールディングス」と業務・資本提携した後、2007年5月に、完全子会社として、東京都・千葉県を中心に、埼玉・茨城県にも店舗を展開する等、現在のドラッグストアとしてのスタイルが確立されました。

「くすりの福太郎」の採用基準は「人物重視の採用」を前提とした上で、特に「勉強好き・素直・プラス思考」「明るく元気な企業風土」「メリハリの文化」を継承する事が強く求められるようです。

薬剤師 としての採用枠は、営業部・調剤部の2通りあります。
営業部の薬剤師は、ドラッグストア内でのOTC医薬品の販売を始め、市販後調査(PMS)、店舗運営業務が主な仕事となります。
お客様との接客や、店舗運営に関心がある場合はこちらの方が合うかもしれません。
マニュアル方式の接客では触れることが出来ない、お客様ひとりひとりの出会いがあるのが、営業部薬剤師業務の良いところでもあります。

調剤部に属する薬剤師は「保険調剤業務」及び「第一医薬品の販売」「薬局運営業務」が担当です。
営業部薬剤師と違う点は「地域の医療機関の一つとしての役割」を担う事にあります。
その為、本社での集合研修・店舗での勉強会等、薬剤師としてのスキルアップが求められる、より薬剤師としての専門知識が求められます。

営業部薬剤師・調剤部薬剤師ともに、初任給は33万円前後で、薬剤師手当、営業手当、調剤手当が含まれます。
薬剤師 の年間休日は120日と、月に最低8日は休日となりますので、比較的余裕のある勤務形態となります。
また、研修制度も充実しているので、常に薬剤師としてのスキルアップが可能です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜