HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > 病院薬剤師 > 病院に転職する際の注意点

病院に転職する際の注意点

病院薬剤師

病院薬剤師への中途での転職は、とても難しいと言われています。
基本的に総合病院等では「新卒薬剤師」を採用するケースが多く、病院薬剤師としての経験と技術・知識が豊富な「即戦力」としての薬剤師であれば、中途で採用される可能性は多少高くなるでしょう。

総合病院等でなぜ「新卒薬剤師を採用するのか」と言う事に疑問を持たれる方もおられると思います。
総合病院の大半は「急性期病院」ですので、少しでも技術や経験を持ち併せ迅速に対応できる中堅の薬剤師の方が断然有利に思われるのですが、決してそうとばかりは言い切れないのが病院薬剤師の世界なのです。

病院で勤務する場合、医師を中心に看護師、薬剤師、介護士、その他の医療従事者がチームとして患者様の治療を行っています。
しかし、それは「たてまえ」の場合が多く、残念ながらまだまだ「チーム医療」は根付いておらず、更には薬剤師の地位も低いとされている病院が殆どです。

その為、中途採用で薬剤師を採用するよりも、まだ何色にも染まっていない「新卒薬剤師」を採用する事でその病院のルールを覚えてもらうことが出来ると言う利点が存在します。
どうしても中途採用の薬剤師の場合、以前の職場でのやり方や自分よりも年下の医師の意見に従わない場合もありますので、現場としても非常にやりにくいのが現状でもあるのです。

一方で、新卒では無く敢えて「中途採用」での薬剤師を募集している所もあります。
こういった病院は、新人薬剤師の教育を担当してもらう事の他、救急医療が多い事で「即戦力」が必要な場合もあるのです。

また新卒の若い薬剤師はどうしても変化の多い治療方法や治験業務など新しい事を勉強したいと言う理由から急性期病院へ流れてしまいますが、病状の安定している療養中患者様を主に預かっている「慢性期病院」では、薬剤師が不足しているのが現状です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜