HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > 薬局薬剤師 > 調剤薬局の薬剤師は稼げる?転職する前に知っておきたい注意点

調剤薬局の薬剤師は稼げる?転職する前に知っておきたい注意点

薬局薬剤師

薬剤師の売り手市場が続く中、調剤薬局に転職しようと考えている人は非常に多くなっています。全国の求人数を見てみても、その数は実に約2万人!

「そんなに求人数があるなら転職しちゃおっかな」と思ってしまうかもしれませんが、決めるのはまだ早いですよ。転職を考えているということは、今もしくは以前の職場に何らかの不満があったからではないでしょうか?

よくある理由として「人間関係」や「収入への不満」がありますが、今回は収入に焦点を当てて、薬局薬剤師の実態と転職する際の注意点についてお話ししましょう。

調剤薬局で働く薬剤師の年収

調剤薬局薬剤師の平均年収は、地域差もありますが380万円~650万円。薬剤師不足がより深刻な地方では100万円ほど上乗せされ、700万円を超える場合もあります。ごく稀に、900万円を超えるような化け物級の求人もあるようですが。

一般的なサラリーマンの年収と比較して、調剤薬局薬剤師はかなり高収入!
何も心配することはないように思えますが、やはりそんなことはないのです。

昇給率が時間と労力に見合わない?

一般企業の管理職、いわゆる課長や部長に相当するポジションが薬剤師にも存在しますよね。それが管理薬剤師なわけですが、管理薬剤師になると管理職手当てとして支給されるのは年間100万円程度。月で換算すると約8万円。

この給与に満足する人もいれば、「自分の役職やスキルに見合ってない」と不満を感じる人もいたり、6年もかけて薬科大を卒業し、そこからさらに国家試験を突破するにも一苦労したのに「これだけか」と感じる人もいるわけで。

とはいっても、調剤薬局薬剤師は一般のサラリーマンに比べ高収入なのは確かです。より高収入を狙うのであれば調剤薬局での勤務はおすすめしませんが、調剤業務にやりがいがあるのであれば薬局で活躍できるはず!

雇用形態と職種で変わる年収

収入アップを狙うのであれば、製薬会社のMRに転職するのも一つの手段です。年収700万円~1,000万円程度と、調剤薬局より安定して高収入が得られます。その分、求められるスキルや業務内容などが違うのも当然のことなんですが…。
要するに、「自分が何を優先したいか」が転職のキーポイントです。企業で得られる高収入なのか、地域で得られるやりがいなのか。そこをハッキリさせておくと転職の際に余裕が出てきます。

他にも、パート薬剤師として調剤薬局で働くのも一つの手段です。時給の相場は1,200円~2,000円!他業種と比較しても時給の高さは圧倒的。十分な収入源になりそうですね。

育児や家事もしなければならないママ薬剤師さんにとっては、転職の際に検討するのもアリではないでしょうか。

福利厚生も要チェック

もし出産や育児の都合で転職するのであれば、福利厚生もしっかり確認しなければなりません。
ちゃんと産休・育休が取得可能か、ママ薬剤師さんの復職はできるのかなど。
自分が気になった調剤薬局で働いている人に直接話を聞くことができればいいのですが、一つ一つ聞きに行ってたらキリがありませんね。

コンサルタントに内部事情を聞く

そのような場合は、転職支援サイトのコンサルタントに聞くとスムーズに解決することができます。

各調剤薬局の内部事情も、しっかりと調査してくれた上で相談に乗ってもらえます。
また万が一、転職後に何らかのトラブルが発生した場合でも、担当のコンサルタントがアフターフォローまでしくれる転職支援会社もあります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜