HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(求人紹介) > 薬局薬剤師 > 接客スキルが重要

接客スキルが重要

薬局薬剤師

「薬局薬剤師」に求められる役割は「患者様や地域住民に寄り添う」と言う事です。
患者様または、地域住民の方が、安心して来店できる薬局づくりを目指す事が目的であり、その為には、「コミュニケーション力」や「接客スキル」が大切な要素とされているのです。

薬剤師の本来の業務は「調剤業務」と「服薬指導」が中心となる訳ですが、調剤を行う際には、患者様の「体調」や「アレルギー」「現在服用中の薬の有無」等、患者様にお伺いする事は多々あります。
また、患者様自身が不安に思ったり、疑問に思ったりする事には、薬の専門家として、適切に答えなければいけないので、薬の知識は勿論の事、患者様が気軽に話せる雰囲気を作り上げる事は、薬剤師として大切な業務の一つとも言えます。
こういった際に必要となるのが「コミュニケーション能力」と「接客のスキル」です。

「薬剤師は薬を作り、それを渡す人」と思われているのだとしたら、それは大きな間違いです。
「薬局」は、患者様から選ばれる事で、はじめてその機能を発揮します。

薬局とは言わば「販売業」の一つで、大切な患者様の命を守る為の「医薬品販売」をするお店です。
ですから接客態度の悪い店員(薬剤師)がいた場合は、患者様や地域住民の方からクレームがあります。もしくは「もうこの薬局に足を運びたくない」と思われてしまい、経営にも大きな影響が出てきます。
まずは、「心からのおもてなしの心」によって、打ちとけていただき、その後信頼関係のある、コミュニケーションを図っていく事が大切なのではないでしょうか。

はじめて患者様、住民の方々が、薬局にお越しになった際は、まずは患者様と向き合える事が大切です。
また、人は「第一印象」で、8割を判断してしまいますので、服薬指導等、最後まできちんと説明を受けていただく為にも「接客のスキル」を上げていく事は、大切な仕事の一つと認識しておきましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜