HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(入社準備) > 薬剤師の退職・入職の準備 > 退社 ~受け取るもの~

退社 ~受け取るもの~

薬剤師の退職・入職の準備

薬剤師が転職をする際、働いてきた職場を退職します。
退社時に返却するものもありますが、逆に受け取るものもあるのでチェックしてくださいね。
では受け取るものとはどのようなものがあるのか確認しておきましょう。
●薬剤師に必要な「薬剤師免許証」
退社時、受け取らなければならないもっとも大切な書類が「薬剤師免許証」です。
勤務する時に提出した薬剤師免許証・保険薬剤師登録票は必ず返却してもらってください。返却依頼をしなければ返してもらえないところもあるので退職する前に忘れないことです。
薬剤師免許証は次の職場でも必要な書類になります。
自分が「薬剤師」の資格をもっている大切なものになるので必ず受け取ってくださいね。
●会社に預けているものはすべて受け取る
雇用保険被保険者証、源泉微収票、年金手帳など会社に預けていたものはすべて受け取ってください。
雇用保険被保険者証は次の職場でも大切な書類になるため、転職先が決まるまで大切に保管しなければなりません。
源泉微収票は年末調整に欠かせませんし、年金手帳は新しい職場が決まるまで国民年金の手続きに必要な書類です。会社に預けれている人がほとんどなので必ず受け取りを忘れないでくださいね。
●会社を退社した証となる「離職票」
退職時に次の職場が決まっている人は必要ありませんが、決まっていない場合は会社を退社した証になる「離職票」が欠かせません。
離職票がなければ雇用保険の手続きができないので生活に困ります。
スムーズに転職活動をするためにも離職票は必ず受け取ってください。
また、離職票は基本的に退職してから10日以内に渡せれます。10日以上経過しても交付されない場合はもう一度会社に問い合わせてください。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜