HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(入社準備) > 薬剤師の退職・入職の準備 > 退社 ~退職届の書き方~

退社 ~退職届の書き方~

薬剤師の退職・入職の準備

退職をする時に必ず提出することになる「退職届」。
退職届の書き方がよくわからない人も多いのではないでしょうか。
薬剤師が転職をする時に必要になる「退職届」とはどのようような書き方になるのか説明します。気になっている人は要チェックです。
●一般的な「退職届」の書き方
会社によって書き方は変わりますが、基本的な「退職届」の書き方について説明します。
まず封筒には表に「退職届」と記入し、裏には左下に所属部署・支店と名前を記します。
そして便箋には最初に「退職届」と縦書きで書いていくことになるのです。
退職届と大きく右端に書き、1行あけて下の部分に「私事」と書きます。退職届ではなく辞表と書く人が多いですが、辞表は一般的ではありません。必ず退職届と書いてください。
「このたび、一身上の都合により…」と退職理由を書き始めます。退職理由は詳しく書く必要はありません。
最後には退職日と届出年月日、退職する本人の名前も忘れずに書いてくださいね。
退職届を提出するのは直属の上司ですが、勤めている会社のトップである最高責任者宛てに書くことが退職届の基本です。
書き終わった後は間違いがないかどうか最終確認をしてください。
いきなり清書すると失敗するので下書きから始めてみてはいかがでしょうか。
●事前に書き方を確認する
基本的な退職届の書き方は変わりません。しかし、会社によって書き方や用紙が指定されていることもあります。
自分で書いても用紙が指定されていればまた書き直さなければなりません。それでは二度手間になってしまいますよね。
手間をかけないためにも事前に確認することをオススメします。
確認をしたうえで退職届を書いてください。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜