HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(入社準備) > 薬剤師の退職・入職の準備 > 退職時の有給消化と買取について

退職時の有給消化と買取について

薬剤師の退職・入職の準備
残業する女性

「有給休暇」とは「一定期間勤続した労働者に対して与えられるもの」「心身の疲労を回復し、その間の生活を保障するため」と言うのが、本来の目的とされ、最大でも、40日間取得する事が法律でも認められています。
したがって、原則「有給休暇の買い取り」をすると言う事は、認められていないと言うことになります。

ただ例外として認められているケースもいくつか存在します。
それは「有給制度の目的から外れていない範囲内、または乱用されるおそれのない場合」
とされています。
退職してしまうと、有給休暇を取得する事が出来ないので、そのまま有給休暇を消化しないまま退職をする事になれば、雇用主としては、法律に反する事になりますので、難しいところです。
更に、退職前には引継ぎ等もありますので、完全に有給休暇を消化する事が出来ないのが現状です。
そう言った明確な理由がある場合に限り、消化できなかった日数分の「買い取り」が認められているのです。
ただこれはあくまでも法律上の事で、必ずしもすべての職場に当てはまるものではありません。
まず有給休暇そのものの買い取りを、しているかどうか、自分の働いている職場の「就業規則」をきちんと確認した上で、検討する必要があります。

休暇中に支払われる給与に関しては、場合によっては、平均賃金より下回るケースもある事もあります。
また、有給休暇中は、前職の社会保険等に入っている事になりますので、その間転職先への入社は出来ません。
金銭的な余裕が無い場合は、良く検討してみた方が良かいと思われます。

以上の事を考慮した上で、有給休暇を「取得する」のか、または「買い取り」にするのかを、きちんと計算した上で判断する事をお勧めします。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜