HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(入社準備) > 薬剤師の退職・入職の準備 > 退職直前にすること

退職直前にすること

薬剤師の退職・入職の準備

転職先も決まり、上司への退職の意思も伝え、退職届を提出し、引継ぎも滞り無く済んだとしても、残念ながらこれで終わりではありません。
これから先は、事務的な作業と言うよりは、社会人としてのマナーでもありますので、きちんと把握しておくと便利です。

退職10日前~当日になりましたら、勤務先や仕事にもよりますが「取引先・医師・病院スタッフ」等、職場の外での仕事上の関係のある方々にはきちんと挨拶をしておきましょう。
また、後任が決まっていれば、必ず一緒に行って、紹介してあげる事が大切です。
後任の薬剤師の方には、仕事だけでは無く、人脈も全て受け継いでもらうのですから、必ず一緒に御挨拶に伺って、後々トラブルが起こらないようにしておきましょう。

また、自分あてに届いていた郵便物が有る場合で、引き継がなければならない物は、必ずチェックして、郵便物会社への氏名変更をしておきます。
それ以外の引き継がなくても良いと言うものは、こちらも一緒にストップしておく必要があります。

パソコンに関しても、溜まっている電子メールやデータは確認して、きちんと削除または、必要であれば保護する為に、職場のマニュアルに沿ってきちんと保管しておきましょう。
職場の備品であるパソコンは、机と同じです。
机の引き出しを整理するのと同じく、後任の薬剤師が、きちんと使えるように、フォルダを整理しておくことも必要です。

また忘れてはならないのは、お世話になった同僚や上司への挨拶です。
これは、当日でも良いと思われますが、上司などの場合でお世話になった度合いによっては、改めて自宅へお伺いしてご挨拶する事も視野に入れておくと良いでしょう。

就職する時とは逆で、全てが自分から、働きかけなければならないのが「退職」です。
「飛ぶ鳥跡を濁さず」です。
やり残しの内容、全てをすっきりとさせてから、退職できるように心がけましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜