HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 転職理由で多いのは

転職理由で多いのは

転職の理由で多いもの

薬剤師の転職理由は人によってさまざまです。
さまざまな理由が挙げられますが、転職は「今の職場に不満がなければ考えない」ということを知っておかなければなりません。
転職を考える人は今の職場に不満があるから考えるわけで、満足していればその場で働き続けます。
では、どのような不満が多いのか詳しくチェックしていきます。
まず1つ目は「仕事自体に対する不満」です。
仕事そのものに不満を持っている人が多く“もっといろんな仕事がしたい”“薬剤師としてさまざまな経験をしたい”“患者さんと触れあいたい”など人によって不満内容はさまざまです。
今行っている仕事に不満を持ち続けたまま毎日を過ごすのは辛いですよね。
自分が薬剤師としてやりたい仕事は何なのか、一度考えてみてはいかがでしょうか。
次に2つ目は「人間関係」です。
転職を考えるほとんどの人が「人間関係」で今の職場を辞めています。人間関係が一度壊れてしまうとコミュニケーションが上手に取れなくなり、職場で孤立するのも時間の問題です。
職場が自分にとって居づらい環境だと仕事もスムーズにいきません。
そして最後の3つ目は「結婚・出産」です。
結婚を機会に勤務時間が短く、プライベート時間が増える職場に転職する女性が増えてきています。
結婚をするといずれ出産することになりますが、出産を機会に勤務時間が自由な調剤薬局やドラッグストアに転職します。自分の環境が変わることでその環境に適した職場も変わるのです。
このように、以上の転職理由を挙げてきましたがいかがでしたでしょうか。
自分以外の人がどのような理由で転職したのか知り、参考資料として転職のノウハウを身につけてください。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜