HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > ボーナスがでない

ボーナスがでない

転職の理由で多いもの

「薬剤師」と言う「国家資格」を持つわりには「年収または賞与が低い」と思われている薬剤師もいらっしゃいます。
本来、国家資格である薬剤師は、患者様の命を預かる重要な責任があります。
その為「安定した給与を支給される事は、当然である」と言う考え方から、万一自分が思っていたよりも「年収・賞与が低い」または「賞与が出ない」と言った場合、その職場を退職して新しい転職先を考える方が多いと思われます。
「薬剤師」と言う専門職だからこそ、収入の問題は無視できない事であり、仕事へのやる気にも繋がってきますので、重要な問題でしょう。

初任給としては、他の職種に比べると400万円以上なので、充分多いと思われます。
しかし、その後の昇給率が低い事もあり、どうしても仕事と年収が見合っていないように思われる事も多く、また、雇用条件に「賞与支給」とあっても「実際は寸志程度だった」と言う場合もあります。

この様に、金銭的な問題を退職理由として、職場を去る薬剤師は少なくありません。

特に、結婚や、子供が出来たことをきっかけに、安定した高収入を求めて転職を考える方も多くいらっしゃいますが、そういった求人を見つける事も中々難しいものです。

年収に関しては、地域や企業の規模によっても差が有りますので、その辺は転職する際にも注意しておくことも必要です。

意外と多い問題は「外資系企業」に勤務する薬剤師の間での「賞与について」です。
外資系の「製薬会社」「医療機器メーカー」「CRO(医薬品開発受託機関)」等は、日本と違って「ボーナスは年に1度」と言う所が多く、支給日までは退職しないで勤務するようにしていないと、ボーナスを手にすることなく退職する事になってしまう会社がほとんどです。
また、外資系の場合、前年度の成績によってボーナス支給額が変わってきますので、あまり成績が良くなかった場合には覚悟しておく必要があるようです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜