HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 土日休みたい

土日休みたい

転職の理由で多いもの

一般の企業に勤めるサラリーマン・OL等は「土日・祝日休み」や「完全週休二日制」と言う所が殆どです。
しかし薬剤師の場合、勤務先にもよりますが「土日に休みが無い」「休みが平日で友達と休みが合わない」または「子供や夫(妻)と休みが食い違う」等、休日に関する不満が理由で退職する人も多くいらしゃいます。

実際「土日休みが無い」と言う勤務先としては「ドラッグストア」や、一部の「調剤薬局」が挙げられます。
他にも、休日に関しては「有給があるのに使えない」「長期休暇が取れない」等の理由で退職される場合もあります。

では、実際「土日休み」または「土日・祝日休み」と言う勤務先は具体的にはどのような所なのでしょうか。
保健所等の公的機関で働く「公務員薬剤師」においては、基本的には「土日休み」で「完全週休二日制」となっています。
他の職種であっても、公的機関に属していれば、通常は「土日休み」と言う所が殆どです。
ただ「公務員薬剤師」の場合、公務員試験を受験しなくてはならない事と、募集人数が少ない、また希望の職種に就けるかどうかは難しいところです。

製薬会社のMR等でしたら、大手企業に属していますから、基本的には「土日・祝日休み」に加えて「年末年始休暇」「夏期休暇」「有給休暇」等があり、しっかりと休むことが可能です。
募集人員も比較的多いので、求人も見つけやすいと言えます。
ただし、どうしても期日が迫っている仕事が有る場合、等は休日出勤や、時には残業等も覚悟しなくてはなりません。

一番見つけやすいとすれば「土日休診の病院に併設された調剤薬局」と言えるでしょう。

どの職種を選ぶにしても、まずは「休日」がどのくらいあって「土日が休み」かどうかを条件に転職先を希望する事になります。転職支援サイト等を利用して、条件を絞って求人を探してみるのも良いと思います。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜