HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 管理職を目指す

管理職を目指す

転職の理由で多いもの
おこっている中年男性

薬剤師として「管理薬剤師」になる事を、一つの目標にしている方は多いと思います。

稀に、職場によっては新人薬剤師であってもいきなり管理薬剤師として抜擢される事もありますが、そういった場合はやはり経験も浅く、大半は名ばかりで、結局は人間関係に悩み退職されるケースもあります。

管理職を目指すのであれば、出来れば同じ職場で経験を積む事により、適任であると判断され、抜擢されるのが何よりです。「管理薬剤師」や「店長」等の管理職は、既存の人がいる場合、もしくは自分の上に管理職候補が既にいる場合、管理職になるのは難しいでしょう。

そう言った場合、最初から求人で「管理薬剤師」等の「管理職候補」を募集している場合がありますので、転職をする事も一つの方法です。
実際「管理職」を目指す事を理由として、現職を退職する薬剤師も多くいらっしゃいます。

管理薬剤師になる為の特別な資格と言うものは存在しませんが、勤務先によっては一定の条件(認定薬剤師や専門薬剤師の資格など)を必要とされる場合もあります。
また「管理薬剤師」に向いている人として、調剤業務や服薬指導等、通常の薬剤師業務を適切にこなしたうえで「医薬品の管理」「従業員教育」等の、管理職としての責任を果たせる事が挙げられます。

これらの求められている条件は、ドラッグストアの店長や、企業MRのエリアマネージャー等、他の業種での管理職にも必要とされる条件と言えるでしょう。

「管理職」=「職場の管理をする人間」と言う事になる訳ですから、当然自分のやるべき仕事をきちんとこなせる責任感と、人望も厚く、リーダーシップが必要とされます。
更に「管理者としての人間性」「医療人としての高い倫理観」を持ち合わせている事が大切と言えるでしょう。

収入の面から言っても管理職になる事で、平均年収にプラスして、年間100万円程度の手当てが付くので、かなりの年収アップに繋がります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜