HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 希望の職種を目指す

希望の職種を目指す

転職の理由で多いもの

薬剤師の勤務先(職種)は非常に幅が広く、それだけ「薬剤師としての自分を活かせる職場を選ぶ」事も出来ると言う事です。

「現在の職場や職種に不満は無いのだけれど」とおっしゃりながらも、転職を希望する薬剤師の方もいらっしゃいます。
その本当の理由としては「自分のやりたい仕事がある」と言う所にあるようです。

例えば、現在は「病院勤務」をしていたとして、仕事も人間関係も順調にこなしているにも関わらず、やはり転職をする人はいらっしゃいます。
多い理由としては「地域密着型の医療に貢献したい」と言った内容で、病院を退職して、地方の調剤薬局へ転職する方もいらっしゃいます。
確かに、総合病院のような大規模な医療機関においては、患者様一人一人と深くかかわっていく事は難しいかもしれません。

また「自分のコミュニケーション能力を活かした仕事に就きたい」と言う気持ちから「製薬会社のMR」に転職して、多くの医療機関を訪問し適切な医療情報を届ける事で、様々な医師や・看護師・薬剤師と係わり、企業に貢献している薬剤師の方もたくさんいらっしゃいます。

他にも、ドラッグストアに転職して、営業経験を積みたい方や、研究機関で仕事をしたい等、それぞれの希望を持ち、退職をするケースは珍しくありません。

もし、希望する職種がはっきりとしているのであれば、是非とも若いうちに転職を決意する事が大切だと思います。
希望する職種によっては、年齢的に難しい場合や条件等で転職する事が難しい場合もあります。

まずは、自分の希望する職種について良く調べた上で、必要な資格等があれば、現職の内に取得しておくことも必要です。
また、薬剤師の転職支援会社を利用する事も良いと思います。
専任のコンサルタントが相談に乗ってくれますので、希望の職種への転職をサポートしてくれます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜