HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 体調不良

体調不良

転職の理由で多いもの

薬剤師と言う仕事は、体力的にも非常にきつい職種だと言えます。
一般的に薬剤師と言うと、薬局内で調剤や服薬指導など表の仕事ぶりを見て「とても辛い様には見えない」とおっしゃる方もいらっしゃいます。実際には裏方の仕事も多く、一日中立ち仕事に近い事もあり、体調を崩してしまう場合も少なくありません。

特に、管理薬剤師や薬局長、ドラッグストア等の店長クラスになると、管理職でもありますので、通常の調剤業務に加え、シフトの作成や、従業員教育、医薬品の管理等、様々な仕事をこなさなくてはなりません。
場合によっては、残業も当たり前になって行きますので、体力的にきついと感じるようになって行きます。

また、人間関係に左右されやすい職場が多い薬剤師にとっては、精神的にも気を遣ってしまい、そのせいで体調を崩してしまう場合もあります。

出来るだけストレスを溜めないように、自分なりの体調管理をしていく事は非常に重要な事でもあるのですが、薬剤師だけにでは無く、どの職種にも共通して言える事ではありますが、どんなに自分で管理をしていたとしても、勤務先によっては「残業が当たり前」「定時には上がれない」と言った職場環境も多く存在します。
また自然と「仕事を自分で抱え込んでしまう」「次々と仕事を渡されて断れない」等、性格的な理由で体調不良を起こす方も度々いらっしゃいます。

この様に「体調不良」を理由に「退職」を決める薬剤師もたくさんいるのが現状です。
この理由には「薬剤師不足」にも原因があり「人数を確保できない分、今いる薬剤師にしわ寄せが来ている」と言う事も多々あります。

「転職が多い」と言われている薬剤師ですが、出来れば同じ職場で長く働く事が、年収やスキルを上げる意味でも必要な事です。
転職の際には、出来るだけ長く続けられる職場を探す意味でも、実際の職場環境・業務状況を良く確認しておく事が重要です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜