HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 人間関係

人間関係

転職の理由で多いもの

“人間関係”は職場でもっとも大切なポイントだと言われています。
仕事ができる人間でもコミュニケーション能力が低ければ周りの人とやり取りができず、問題が起きます。人間関係はとても大切なものなのです。
実際に人間関係トラブルが起きて転職を考えるようになったという人もたくさんいます。
「人間関係」で転職を考えている薬剤師はぜひチェックしてください。
●女性が多い職場
薬剤師の職場を見るとほとんどが女性です。男性の割合は非常に少なく、女性の職場だと思ってください。
女性が多い職場だからこそ、さまざまな人間関係トラブルが起きます。
女性は男性よりもナイーブでプライベートで起きたことをそのまま職場に持ち込む人も多いのが事実です。プライベート問題を持ち込むことで仕事にも支障をきたし、周りにも迷惑をかけます。
そこから人間関係が悪くなり、転職を考えるのです。
また、1人でも職場に自分にとって嫌な人がいると仕事もスムーズに進められません。「今日も嫌なことを言われる」「不条理なことで怒られる」とビクビクしながら職場に通うことになります。
そのままでは自分の身が持ちません。
そのような人間関係のトラブルから転職を考える薬剤師が多いことを覚えておいてください。
●転職する前に修復できないか考える
薬剤師だけではなく、幅広い職業の転職理由に挙げられる「人間関係」。
転職を決める前に「修復できないかどうか」考えることがとても大切です。
人間関係が悪くなるたびに転職をすると次の職場でもかなりの確率で人間関係に問題が起きます。薬剤師の場合、人間の好き嫌いやコミュニケーションの違いですれ違うことが多いので、たった少し見方を変えるだけでも関係が修復できます。
転職もよいですが、決める前に今一度、自分に問題がなかったかどうか、修復できない状態なのか考えてみてはいかがでしょうか。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜