HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 転職の理由で多いもの > 出産

出産

転職の理由で多いもの

女性薬剤師が、退職や転職を考える時期は、結婚・出産・育児など「自分の環境に変化」が出た時です。

特に、出産となると、早ければ結婚した時点で、考え始めている女性薬剤師も少なくありません。
調剤薬局や病院などの薬剤師で正規雇用の場合、雇用条件や福利厚生がしっかりした職場を選んでいる事と思います。
特に女性の場合、現在未婚であっても、いずれ結婚する事を考えて、出産や育児休暇についても調べた上で、現在の勤務先に決めたのではないでしょうか。

しかし、実際には、周りが「出産・育児休暇を取っていない」または「出産・育児休暇を取得した前例がない」と言った場合もあります。
そうなって来れば話は違ってきます。
たとえ雇用条件に記載されてあっても、前例がない場合は中々取得は難しい事と思います。

また、薬剤師と言う仕事柄、急な妊娠による出産休暇の取得をされる事は、勤務先にとってもダメージは大きくなりますので、そういった事が無いように、計画的な出産も考慮する必要があります。

出産を希望する場合、まずは直属の上司に相談する事が必要です。
出産休暇を取得すると言う事は、当然勤務先には次の仕事を引き継いでくれる薬剤師を補充しなくてはなりません。
もしくは、1人減った分を他の薬剤師が上手く分担する事で、勤務先の席を空けておいてくれるかもしれません。

その上で「いつ頃のタイミングで出産休暇を取得し、いつ頃どのような形で復帰するか」と言った内容を話しておけば、妊娠した時点から、出産休暇までの予定をきちんと立て、引継ぎをすることが出来ます。

もし自分の希望が通らない場合には一旦退職をする事も必要かもしれません。
お腹の赤ちゃんの為にも思い切った、退職や転職をする事は大切な事です。
次回の再就職・転職の際には「出産・育児経験のある薬剤師」がいる薬局や病院を選ぶ事が必須条件です。
出産経験者がいれば、様々なアドバイスもいただきやすくなります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜