HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 面接官の視点で面接を考えたことはありますか?

面接官の視点で面接を考えたことはありますか?

転職・就職(面接)
採用面接

就職や転職の際に、面接を受ける事はかなり緊張すると思われます。
面接までに「どのような対応をすれば良いのか」という、面接を受ける側としてのマニュアルは読み込んでいると思われますが、逆に「面接をする側」が「何を意図して面接」を行っているかを考えた事はあるでしょうか。
この「面接する側」の考え方を理解していれば、更に面接での答えが有利になります。

最初に言われると思われる「簡単に自己紹介をしてください」という言葉は、あなたの「プレゼン力」を見られています。限られた時間内に自分をどれだけアピールできるか、また自分をどれだけ客観視出来ているかを見ているのです。
この場合「相手の目を見て、感じ良く伝えられているか」「初めて聞く人にも分かりやすい内容になっているか」等も考慮するとより好感度が上がります。

次に良く質問される「コミュニケーションを円滑にする為には何が最も大切だと思いますか」といった内容の質問の意図は人間関係の中で何を優先しているのか、更に貴方自身の「ポリシー」や「考え方」を知るための質問と考えましょう。
応える内容によっては、勤務先の雰囲気にマッチしているかどうかを確認しているので、特に管理職になる可能性のある人材を求めている場合には、重要度が高い質問である事を理解しておきましょう。

「前職(現職)ではどのような部分を、評価されていましたか。」という質問には、逆に「どのような部分が物足りなかったか」という事も含まれている事が多い質問です。
この場合、コミュニケーション力が高い人間であれば、客観的にどれだけ自分を冷静に見極め判断できているかが大きな焦点となってきます。

この様に質問する面接官の気持ちを一つ一つ理解しながら質問に答える事で、面接官のあなたの捉え方が変わってきますので、是非一度「面接官の気持ち」になって考えてみましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜