HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > ブログ > 面接がうまくいかない薬剤師の特徴

面接がうまくいかない薬剤師の特徴

ブログ
不採用になる薬剤師の特徴

ライター:姉様

転職するときに絶対に避けて通れないのが面接。
この面接を何回行っても不採用になる薬剤師の特徴を勘違いしていませんか?

たとえば、こんな人が不採用だと思っていないですか?

  • 薬剤師としてのスキルが足りない
  • 年齢が高い
  • 希望の年収が高い

これらの理由で不採用になる人はほんの一部です。
面接では採用、不採用の本質は違うところにあります。

MAX86_gaijinnohannou20140531500-thumb-1050x700-4967

不採用になる薬剤師に多いのが

人の話を聞かない(協調性がない)

自分の都合だけを話すのはNGです。仕事は周りの仲間と行わなければならないので あまりに協調性がない人は不採用になります。 確かにいろいろな事情があるのはわかりますが、自分のことばかりではなく周りにも協力出来るような姿勢が無いと 採用されるには難しいでしょう。

コミュニケーション能力が不足している(笑顔がなく暗い)

患者さんや職場の関係性でもコミュニケーション能力は絶対に必要です。 コミュニケーションが得意ではない方もいるとは思いますが、克服する努力をしましょう。笑顔や暗いイメージなどは少しの意識で改善できると思うので、心あたりがある人は努力しましょう。

学びたい姿勢が感じられない

調剤未経験者は、これから頑張りますという意欲がないと厳しいでしょう。 真っ白な状態なので成長が早いなどとアピールしていけたらよいです。

TOK95_meganenikkori20130208500-thumb-666x500-4075

基本的なことかとはおもいますが、これらを気をつけて行くことで採用に近づくと思います。 ライバルが沢山いて負けてしまい不採用になることもあると思いますが、それ以外で不採用になるには必ず理由があると思います。

面接も事前に練習して対策をしていきましょう。 内定が貰えるように頑張ってくださいね!

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜