HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > ブログ > 薬剤師の面接で聞かれることが多い質問とは?

薬剤師の面接で聞かれることが多い質問とは?

ブログ
面接の質問でよく聞かれる事

ライター:姉様

転職活動を行う上で必ず会社の人と面接をしますよね。
この時の質問はある程度決まっています。
質問について自分の考えや経験をある程度答えられるように考えておきましょう。

では、薬剤師の面接でよく聞かれる質問を見て行きましょう。

  • あなたの自己PRをしてください
  • ほかの薬局ではなく、なぜ弊社に応募したのか
  • 退職理由を教えてください
  • なぜ薬剤師になろうと思ったのか(今後どのような薬剤師になりたいのか)
  • 最後に質問はあるか

すこし解説をしていきたいと思います。

あなたの自己PRをしてください

長所が会社で活躍するのに充分なものかや、薬剤師としてこの会社に
どのような貢献ができるか
を企業は知りたいのです。

これまでの経験を踏まえてアピールの根拠になる経験の例を
加えて話すことで説得力が増します。

自己PRを成功させるポイントは、自分のアピールポイントが会社の求めているものに合致するかを考えて見極めることです。

ほかの薬局ではなく、なぜ弊社に応募したのか

なぜ数ある薬局の中で弊社に応募したのか、採用する立場でしたら気になりますよね。
またあなたも数ある薬局の中でわざわざその薬局を選んだ理由があるはずです。
その理由を話せるようにしましょう。

面接を受ける薬局の情報を事前に調べておくと良いと思います。

退職理由を教えてください

この時に前職のマイナスの事をいってはいけません。

この時にマイナス面を強調する話を聞けば面接官は
「うちの会社で働いても、何かと不満を持つのではないか」

と懐疑心を抱いてしまう可能性があります。

なので面接官が納得できるような前向きの転職理由を考えておきましょう。

なぜ薬剤師になろうと思ったのか(今後どのような薬剤師になりたいのか)

薬剤師になるには国家試験に合格するために
何年も勉強していかなければいけません。
なんとなくではなく理由がありますよね。

薬剤師になろうと思った気持ちを自分の言葉で
しっかりと話せるようにしておいてください。

今後自分のなりたい薬剤師像もいえると良いですね。

・最後に質問はあるか

この時の質問を最低3つくらいは用意しておくと慌てなくてすみます。
きちんと事前準備や調査をして質問を考えておく事をおすすめします。

この時に休みや残業などの条件を聞いても大丈夫です。

面接時のポイント

001

面接当日に初めて職場に行く場合でしたら、実際に家からどのくらいの時間がかかったか見ておくことをおすすめします。
また遅刻をしないように時間に余裕をもって行けると良いですね。

服装はスーツがあればスーツが良いと思いますが、なければキレイ目系で良いと思います。かばんに筆記用具とメモ帳を用意するのを忘れずに。

訪問についてですが、面接開始の20分前は少々早いと思います。
5分前くらいになりましたら面接に来たのを伝えればいいのではないでしょうか?

面接は落ち着いて自分を出せるとベストですね!

最後に、面接の合否の連絡はいつまでに貰えるかを聞いておくと良いでしょう。
こうすることで次の面接スケジュールも立てやすくなります。

また自分から面接の合否の問い合わせ連絡をするのは控えましょう。
めったにそういう人はいないので変わっている人だと思われてしまう可能性があります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜