HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別志望動機の書き方(ドラッグストア)

志望職種別志望動機の書き方(ドラッグストア)

応募書類作成や面接対策について

「ドラッグストア」は、薬剤師が一番転職しやすい業種ですが、「100%合格する」という訳ではありません。
どんなに経験のある薬剤師であっても、書類審査の段階で不合格になる場合もあります。
ドラッグストア側が「求めている人材かどうか」を判断する基準の一つに「志望動機」が大きく関わってきます。
志望動機の書き方一つで、合否の決定が、大きく分かれるようです。

ドラッグストアでの薬剤師の主な業務は「OTC医薬品の販売」だけではありません。
「薬剤師」であってもドラッグストアと言う店舗における「従業員」である事には変わりありませんので、店内における商品の「品出し・整理」や「レジ打ち・接客」も含まれます。
また、多くは「管理薬剤師」や「店長候補」として採用される可能性が高いです。そのため、ある程度業務が熟せるようになった時点で、スタッフの「シフト管理・採用」や「売上や在庫の管理」等の責任ある業務も任せられるようになります。
その為、「明るくリーダーシップのある人」が求められている傾向が強いと言えるでしょう。

志望動機としては自発的に「○○をやりたい」「○○が得意」等、前向きで入職後のビジョンがしっかりとしている人は、採用側としても「欲しい人材」となる可能性が大きいと言えるでしょう。

始めは荒削りであっても、「薬のプロ」と言うだけではなく、現在健康に過ごしているお客様に対しても「いつまでも健康な体を維持して欲しい」と言う、前向きな気持ちが、「心のプロ」としてドラッグストアの必要性を、より確かなものとする原動力になるのです。

まずは、志望動機として「自分で○○する事が得意なので○○なお店にしていきたい」と言うように、現在出来る事と店舗において「どれだけ貢献できるのか」または「どのように貢献していきたいのか」と言う内容を盛り込むことが、「やる気のある人材」として認められる第一歩と言えるでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜