HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別志望動機の書き方(製薬会社)

志望職種別志望動機の書き方(製薬会社)

応募書類作成や面接対策について

製薬会社においては「管理薬剤師」以外にも「研究・開発」「商品管理」や「MR(医療情報担当営業)」「DI業務(医薬品情報管理業務)」等、多岐に渡ります。
その中でも、「薬剤師資格」を必要とはしませんが「MR(医療情報担当営業)」に人気が集中しているようです。
理由としては「薬剤師としての知識が役立つ」と言う事ばかりでは無く、「年収の良さ」と言うケースが多いようです。
「MR」の求人は以外にも少なく、応募しても中々面接まで至らない場合も多く、これには「履歴書」の「志望動機」が大きく関わっているようです。

大半の方は企業から「良く思われたい」一心でもっともらしい「志望動機」を書いてきますが、それだけでは「面接」まで行けるどころか「不合格」とされてしまいます。
「面接」までこぎつけられる人の「志望動機」は、「継続的に勤務する」為の「志望動機(理由)」がはっきりとしていると言う事です。
「MR」と言う職種は表のその華やかさとは裏腹に、「地道な営業活動」や「営業センス」「医師とのコミュニケーション」が求められるため離職率も高いとされています。
その為、採用側としても「目標を確実にクリアできる」「戦力(営業力)として企業に貢献できる意思が感じられる」と言う事に重点を置いています。

内容としてはまず企業のHP等で、「企業の特色」や「求めている人材」を確認します。
その上で企業の「歴史」や今後の製薬業界の「課題点」を踏まえて「どのような目標」を持ち、その目標を達成するための「明確なビジョン」を盛り込むことが大切です。

また、これらにプラスして「なぜMRと言う職種に惹かれたのか」と言う点も必ず記入する事で、より強い説得力が生まれます。

今後「MR」として期待を持たれる人材と思わせる為にも、「ゆるぎない自信」と「やる気」の見える「志望動機」で、転職を成功させましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜