HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 診療所・医院・クリニック

診療所・医院・クリニック

応募書類作成や面接対策について

「診療所・医院・クリニック」には2つのタイプが存在します。
1つ目は、地方における地元の「診療所・医院・クリニック」と呼ばれる個人経営のもので、どちらかと言うと「地域密着型」の医療施設と言えます。

2つ目は、主に「大企業の自社ビル内」や、多くの企業が入居している「テナントビル内」に構えているもので、企業やテナントビルによって運営されている医療施設です。
こう言った「診療所・医院・クリニック」においては、来院される患者様の大半は、企業の従業員や、テナントビル内に勤務する方々です。
立地条件によっては、近辺に住む一般の方がいらっしゃる場合があります。

企業内の「診療所・医院・クリニック」の場合、患者様の大半は従業員である為「健康増進」や「社員の健康管理」の目的もあり「持病のある社員」や「ストレス性の疾患を抱える社員」等に定期的な「処方薬の調剤」や「健康相談」をする事も、重要な業務の一つとなっています。

こういった特質のある「診療所・医院・クリニック」における履歴書での「志望動機」は

・医療サービス業の一つであり、社会的な意味の大きい場所である事にやりがいを感じる。
・小さい時にお世話になって、是非「地域医療」に貢献したいと思った。
・病気の治療や予防・健康の維持の為に生活に必要な医療機関であり、薬剤師になったきっかけでもある。

等の「診療所・医院・クリニック」ならではの理由が挙げられます。

また「病院」や「総合病院」等のように、大規模組織では有りませんので、医師や看護師をはじめ、他の医療スタッフとの円満な人間関係や、地域においては、年齢も様々な患者様とのコミュニケーションが必要となる為、アピールポイントとして

・コミュニケーションを図るのが得意
・子供やお年寄りから好かれる

等も充分自分をアピールする事が出来、職場においての「必要な人材」としての印象を強める効果があります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜