HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望動機

志望動機

応募書類作成や面接対策について

転職先を決める際には「雇用条件・通勤時間・給与」など、自分の条件に合ったところであれば、決めてしまうケースが殆どです。
本当のところ転職先を決める理由は、そういった事が長く働く為にも必要な事です。
しかし、採用側からしてみると「この職場でどうしても働かせてほしい」と言った、強い意志が感じられない場合、書類選考だけで落とされてしまう事も事実です。

転職理由は抽象的な表現では無く、出来るだけ具体的にしておくことが必要です。
まずは「求人先」のホームページやパンフレットを熟読する事で、その職場で必要とされている人材を確認しましょう。
出来れば採用側としては「即戦力」となる人材であり、更には強い意志が感じられる人に来てほしいわけですから「この薬局がとても良い職場環境で、是非働きたいと思ったから」等の、抽象的理由は避ける事が無難です。

例えば、その薬局が門前薬局の場合、主な診療科目の薬を処方するわけですから、その診療科目に合わせた内容を目的とする方法もあります。
診療科目が、小児科の場合であれば、単に「子供が好きなので」と言うよりは「将来的には「小児薬物療法認定薬剤師」の資格を取得したいので、ここでその為に必要なスキルを学びたい」等の、具体的な理由が相手の興味を持たせる事となります。

また、地域医療に力を入れている薬局や、病院の薬剤師であれば「超高齢化社会に備えて、在宅医療の知識を深めておきたい」等の理由も考えられます。
もし、その職場に必要とされる認定資格を既に取得済みであれば「この資格を活かせる職場はここしかありません」と言うのも、充分、具体的な理由になります。
この辺はその職場の必要なスキルや、周囲の地域環境を調査した上で、それに合った理由を決めておきましょう。

「具体的な理由」としておくことで「強い意志表示」となり、相手に好印象を与えられます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜