HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別自己PRの書き方(病院薬剤師)

志望職種別自己PRの書き方(病院薬剤師)

応募書類作成や面接対策について

病院薬剤師の業務内容は多岐に渡り、基本的には「医師」や「看護師」その他の「医療従事者」との連携で業務を進める事になります。
「薬剤師」としての立ち位置は「薬の専門家」となりますので、薬に関する専門的な知識・技術を求められています。

その中でも、病棟業務に特化した業務である「病棟薬剤師」に人気が集中しています。
これは魅力の一つとして、患者様と直接接する事で、「病状」や「薬物治療の効果」を確認できる事にあるようです。

その他にも「医薬品情報業務(DI業務)・薬品管理業務・製剤業務・治験業務」等、院内の「薬に関する業務」を一手に引き受けるのが「病院薬剤師」の役割とされています。

担当する業務内容によって、求められるスキルも変わって来るので、自分の応募する業務を良く調べた上で、「病院側が求めている薬剤師像」を把握する事です。
その中で、自分が今後「どんなキャリアアップをしていきたいか」「目標とする薬剤師像」等を明確にしておく事が重要です。

「求人数」に対して「応募者数」が多い病院薬剤師ですので、どれだけ「自己PR」が出来るかで、転職できる確率も変わって来ます。

特に「異業種」からの転職の場合、非常に不利な状況ではありますが、全く望みが無い訳ではありません。
「ドラッグストア」からの場合、多忙なスケジュールと、長時間労働により培われた、ハードな仕事にも耐えられる「忍耐力」があります。
「調剤薬局」からの転職なら、専門的な知識と、扱っていた専門科目によっては、非常に有利になる場合もあります。
また、調剤経験の無い「MR」からの転職なら、「医師や看護師とのコミュニケーション能力」に関しては、他の薬剤師よりも長けているので、強力な武器に成り得ます。

どのように病院業務に貢献できるのかを、PRする事で、非常に有利になると言う事を覚えておくと良いでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜