HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別自己PRの書き方(ドラッグストア)

志望職種別自己PRの書き方(ドラッグストア)

応募書類作成や面接対策について

「薬事法」により「医薬品取扱い業」の場合、「1店舗に1人管理薬剤師の設置」が義務付けられている事と、「要指導用医薬品」「第一種医薬品」に関しては、現在も販売できるのは「薬剤師」である事から、求人者数も比較的多いとされています。
ただ、現在、安価で雇える「登録販売者」も増えているので、そういった部分で「どれだけ自分を売り込むか」が必要とされます。
薬剤師としての「転職」は、ハードルは低い物のやはり100%採用とはいかないのが現実です。

「ドラッグストア」の業務内容は、本来の薬剤師業務とはかけ離れた業務も多く、「こんなはずでは無かった」と思う前に、自分に合う仕事かどうかを良く確認してからの応募を心掛けましょう。

主に「OTC医薬品の販売」がメインとされますが、ドラッグストアの中には「調剤薬局」が併設されている場合もありますので、内容を良く把握しておくことも重要です。

ドラッグストアの性質上、店内の商品は医薬品だけでは無く、食品・生活雑貨等多岐に渡ります。地域住民にとってはとても身近で、医薬品の相談もしやすいと言う特徴があります。その為、薬剤師業務だけでは無く「レジ打ち」「商品整理」「品出し」等の雑務も要求されます。
更に、調剤薬局に比べて「開店時間が長い」と言う点で、求められる人材は「粘り強く、ハードな勤務をこなせる体力」と「接客業」に従事できる人材です。

「人と話をする事が得意だ」「丁寧な接客をしたい」「サプリメントアドバイザーの資格を取得したい」等、と言った「ドラッグストアに求められる人材である事」を、明確に自己PRしていくべきでしょう。

特に、サービス業・接客業と言う面からとらえる事で、薬剤師としての知識や技術よりも「店内でどれだけ売上に貢献できるか」と言う目標を掲げる事で、採用率は高くなります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜