HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別自己PRの書き方(製薬会社)

志望職種別自己PRの書き方(製薬会社)

応募書類作成や面接対策について

製薬会社における転職先には、様々な職種がありますが、特に多いものが「MR」です。
「同業種」であれば、自分の実績をアピールする事で、かなり評価が期待できますが、「異業種からの転職」の場合、実績と言う部分で、弱くなり「即戦力になるかどうか」と言う観点から評価される傾向にあります。

「MRとしていかに活躍し原動力になるか」が、評価の対象となるので、前職のスキルや経験の中でも、MRとしての「営業力」に活かせる部分を、ピックアップしていく必要があります。

製薬業界は「競合が激しい」世界です。
求められているのは「競合企業に打ち勝って個人の目標数値を達成する力」を持つ人材ですので、「学習意欲」「効果的な提案をする力」「的確な情報収集力」を持つ事です。

職業柄、医師から「薬物治療のパートナー」として信頼される必要がある為、高い専門性を見に付けるためにも「学習意欲の高さ」が評価を高くします。

また製薬会社が生き残る為には、競合企業から、いかにして「シェアを奪うか」と言う戦略を立てる必要があります。
その為にも「効果的な提案をする力」が求められる上で、異業種での営業実績の記載をする際に「アイデア力」「仕事の迅速さ」「患者様・お客様のニーズに応えられる」等を、明確に記載し、アピールしていく事もポイントの一つです。

最後に、製薬会社は、ある意味「信頼度」が、直接売上にも繋がって行くので、「誠実」かつ「着実に達成できる」と言う人材が必要不可欠です。
その為、医師からの信頼を得ようとするなら「確実な情報を正確に提供する」事が求められる事から、医師の特徴、求めている事を、正確につかむ「高い情報収集力」を持つ事が必要とされます。

これらの「求められる人材」を研究した上で、「自分の活かせる能力」を強く押し出して行けば、高い評価を得る事は可能です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜