HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 即戦力をアピールするには

即戦力をアピールするには

応募書類作成や面接対策について

中途採用で求人を行っている「病院」や「調剤薬局」及び「企業」の場合、多くは新卒薬剤師には無い中途採用者としての薬剤師が持つメリットを期待しています。
中には全く経験の無い薬剤師を敢えて入職させる事で、自分の組織のやり方に慣れてもらうと言う考え方もあります。
しかし、中途採用を募集すると言う事は、採用した場合に入職した薬剤師が今までの経験を活かし「即戦力」となる事を求めているからなのです。

まずは「履歴書」や「面接」の際に、自分がどれだけ「即戦力として貢献できるか」と言うポイントを、充分アピールしていく事が必要です。

中途採用の薬剤師と新卒薬剤師の大きな違いは「社会経験が豊富」と言う部分です。
社会人として経験を積み上げてきたことで、社会的・倫理的な部分では大きく成長していますので、その点は中途採用者の一番の強みと言えます。
ただ、それだけではどの中途採用者も同レベルと言う事になりますので、そこにプラスして前職までに培ってきた「技術」や「知識」「経験」を今後の入職先でどれだけアピール出来るかどうかがで合否が分かれて行きます。

自己PRの際には、「今までの経験やスキルを今後の仕事でどう役立てるか」と言うプランを明確に立ててそれを交えたアピールが必要とされます。

「履歴書」や「職務履歴」で既に自己PRや志望動機、現在に至るまでの仕事の内容は記載されているとは思いますが、文字で記されているよりも「自分の言葉」で具体的に伝える事で、強いアピール力となります。

更に、採用側の情報を事前に収集・調査しておくことで、「どんな人材を求めているのか」を考えそれに近い人物像に繋がるように内容を考えておく事が大切です。

今まで取得した資格や、経験・技術を今後の仕事で「どう活かすか」と言う点で、採用される確率がずっと変わります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜