HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 面接で緊張しないための方法

面接で緊張しないための方法

応募書類作成や面接対策について

面接で「緊張しない」と言う方は少ないと思います。
せっかくの面接で、緊張して「言葉に詰まってしまう」「思ってもいない事を言ってしまった」と言う経験を持つ方もいらっしゃると思われます。
ここでは、緊張しない為の方法をいくつかお話ししたいと思います。

まず「なぜ自分が緊張しているのか」と言う事を、客観的に分析してみましょう。
緊張の原因の多くは「準備不足」「初対面の人と話すこと」「焦ってしまい言葉が上手く出てこない」と言う方が殆どだと思います。
最初の「準備不足」と言う点においては、事前に、自分が面接を受ける職場を充分調査をしておけば改善される事ですので、面接前の事前準備を必ず整えておきましょう。
その他の原因に関しては、まずは「緊張に神経を集中させない」と言う事が大切です。
「緊張したらどうしよう」と言う部分に気持ちが集中する事で、逆に緊張してしまうケースも良くある事です。

「初対面の人に緊張してしまう」と言う方は、慣れる事が一番なのですが、なかなかそれは難しい物です。
しかし、逆に考えれば、相手も自分と出会うのは初めての訳ですから、「お互い初めてなのだ」という気持ちで面接に臨むことで、緊張は少ほぐれてくる事と思われます。

もう一つは「面接官を心の中で褒めてみる」と言う事も効果的です。
そんな余裕はないとおっしゃられるかもしれませんが、リラックスを促す為にも、まずは面接官の顔をゆっくりと眺めて「この方は優しそうだな」「あのネクタイは趣味が良い」等、周りをゆっくり観察する事で、心の緊張がほぐれる場合もあります。
これは、普段から心の中で、町を歩く時や電車に乗る際に実際にやって練習しておくことが出来るので、是非試してみましょう。

面接をする上で最も重要な事は、スラスラと流暢に話せる事では無く、転職を希望する「熱意を見せる」と言う事ですので、それを忘れないように心がける事が大切な事なのです。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜