HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 答えを用意していない質問をされたら?

答えを用意していない質問をされたら?

応募書類作成や面接対策について

ただでさえ緊張してしまう就職面接ですので、「この質問にはこの答え」と言った具合に、ある程度、質問に対する答えを用意していると思います。
しかし、実際の面接時に、予想していなかった質問や、答えを用意しておいたにも関わらず、緊張のあまり忘れてしまう場合もあります。

そのような時には、まずはパニックにならないように、改めて一呼吸置いて落ち着く事が先決です。
「スムーズに答えられなかったら落ちてしまう」等、余計なプレッシャーに襲われる可能性もありますが、決して、その程度の事で面接で落ちると言うような事は有りません。
質問する採用側としては、あなたの人柄を観察していますので、逆にパニックになってしまう事や慌ててしまう事の方がマイナスに繋がります。
この様な場合の「落ちついた対処」を行える人材かどうかを観察している場合が多いので、まずは落ち着く事を心掛けましょう。

万一、どうしても質問に対する答えが見つからない場合には、例えば「申し訳ありません。緊張してしまって…」等と、自分が緊張してしまっている事をきちんと説明しましょう。
面接官の中には、緊張しているあなたの為に質問を変えてくれる事もありますので、その間にリラックス感を取り戻す努力をして、体制を整え直しましょう。

そうは言っても、自己紹介や自己PR等の、想定内の部分での質問に答えられないようでは困りますので、基本的な答えは必ず答えるように努力する必要があります。

もし、想定外の質問で、イエスかノーで答えられる内容であれば、まずは自分がイエスなのかノーなのかを答える事もテクニックの一つです。
もし「イエス」と答えたならば、面接官は「どうしてそう思われましたか?」と理由を聴いてくるはずです。
その時には、素直にその理由を答えれば良いだけですので、きちんとその答えについての自分の意見を述べる事が大切です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜