HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別志望動機の書き方(病院薬剤師)

志望職種別志望動機の書き方(病院薬剤師)

応募書類作成や面接対策について

薬剤師として必要とされる資質には「人柄・技能・知識」があります。
特に「病院薬剤師」の場合には、この中でも「技能」と「知識」が求められ、「臨床の現場」で、専門性の高い「薬物治療」を医師に提案する力が必要とされるのです。

病院内では、医師や看護師、その他の医療従事者とのチームワーが必要とされ、その中でも薬剤師は、「薬の専門家」として「薬剤管理」や、医薬品に関する「指導」を行う事が役割とされています。

チーム医療の中では、安心して頼れる薬剤師としての「知識」と「技術」「専門性」が追及されますので、勉強を積み重ね、あらゆる医薬品情報を入手できるだけの「情報収集能力」も重要となります。

「病院薬剤師」にとって「どれだけ責任を果たせるか」と言う事は大きな課題です。
医師や看護師等の、周囲の医療従事者及び、患者様が「病院薬剤師」に対してどのような事を求め、期待しているのかを把握しなくてはいけません。

今までの経験を「どのように活かし」「どのように結果を出していきたいか」と言う、強い熱意と、この病院勤務で「どれだけの事を学んでいきたいのか」と言う強い信念が感じられる志望動機が必要となってくるのです。

最近の病院薬剤師に対して、「専門薬剤師」という分野が浸透しています。
これは、「医師」や「看護師」とのコミュニケーションを通じて、互いの専門性を合わせ、効率的な治療の実施をする為にも必要とされています。

より専門性の高い「薬剤に関する知識」を「臨床現場」で発揮し、更に高度な技術を磨くと言う、ある意味「野心的」な目標を掲げる事で、病院と言う組織の戦力になる為の、充分な「志望動機」となり得ます。

「病院」と言う、「臨床現場」の最前線で活躍する為には、「強い意志」と「動機」を明確に打ち出す事が、薬剤師業務を続けていく上で、最も必要とされている事を、理解しておくことが大切です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜