HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 志望職種別志望動機の書き方(調剤薬局)

志望職種別志望動機の書き方(調剤薬局)

応募書類作成や面接対策について

調剤薬局では、「調剤業務」の他に、実際に患者様と対面して、「服薬指導」を行う事が業務の中心となります。
ただ調剤室に籠った状態で、仕事をするわけではありませんので「人と接する事が好き」と言う薬剤師には、非常に合っていると言える職種です。

履歴書の「志望動機」を記入する際には、どれだけ「人と接する事が好きか」と言う部分を強調する事が大切です。

勿論、「専門的知識を身に付けたい」「薬剤師としての調剤経験を積みたい」と言うのも、充分な志望動機になりますが、調剤薬局においては、「どれだけ患者様に対して、薬剤師として接する事が出きるか」と言う、人間性が必要とされます。

その為、少しでも「温かみのある人間性」や「心のこもった服薬指導」に興味を持ち、実現させたいと言う強い志望動機が必要とされるのです。
「人が好きです」と言う「アピールポイント」を前面に出す事で、「この人は調剤薬局の業務に理解がある」または「向いている」と判断されます。

前職が「異業種」である場合、特に調剤経験の無い「製薬会社MR」や、OTC医薬品しか取り扱った事の無い「ドラッグストア」から転職する場合、非常に不利と思われるかもしれませんが、「未経験者歓迎」の求人であればなおさら、考える事はありません。
むしろ前職で積み上げてきた自分の長所を上手に利用していけば良いのです。

例えば、ドラッグストアからの転職であれば「以前の職場でOTC医薬品の販売の際に、お客様から飲み合わせや、体調の事で相談を受け、もっと患者様に寄り添う事の出来る調剤薬局で勤務したいと思って転職を決意しました」と言うように「なぜ・どうして」そう思い「今後どのようにしていきたいのか」を明確に書き示す事で、はっきりとした意思表示が伝わります。

「志望動機」とは、「どれだけこの仕事に興味を持っているか」と言う事が最大のポイントである事を覚えておくと良いでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜