HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 自己分析のやり方

自己分析のやり方

応募書類作成や面接対策について

「自己分析」は薬剤師の転職にとってとても大切なことです。 しっかり自己分析をしている人ほど転職がスムーズに進められますし、すぐに入職できるものです。

転職活動を始める前に「自己分析」を必ず行ってくださいね。では、どのように自己分析をすればよいのか詳しく説明します。

自分自身を見直すポイント

「自己分析」は自分自身を見直す大切なポイントになります。自分自身を見直すことでこれから何をしたいのか、今自分にある力は何なのか自分で確認できます。

薬剤師の自己分析でチェックしてほしいことは全部で5つあります。

  • 「自分の短所や長所」
  • 「得意・苦手分野」
  • 「スキル・経験」
  • 「今の職場で感じること」
  • 「次の職場で希望したいこと」

自分の短所や長所、得意・苦手分野は自己分析において欠かせません。
スキルや経験は次の職場でどのように活かせるのかアピールできるポイントになります。

また、次の職場で希望したいことを明確にするためには今の職場で感じることをまとめる必要があります。なぜ転職しようと決めたのか理由をハッキリすることが大切です。

「紙」に書くこと

自己分析は頭で考えても意味がありません。より自分の考えを明確にし、自分自身を見直すことが目的なので「紙」に書いてください。

紙に書くことで自分はどのような職場で働きたいのか、何がしたいのかわかります。
最初は大まかに紙に書き、その紙を見直しながら整理していくとよいですよ。

転職は不安な気持ちがたくさんあるものです。不安な気持ちを落ち着けるためにも自己分析をする時は紙に書いてください。

自己分析のやり方を難しく考える必要はありません。
気軽に自分自身を見直すことがポイントでもあります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜