HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 面接~逆質問でライバルと差をつける~

面接~逆質問でライバルと差をつける~

応募書類作成や面接対策について

面接で大切な事は「どれだけ面接官の印象に残るか」と言う事です。
質問に対する答えは「起承転結」を心掛け、必要だと思われる答えを簡潔に答える事が重要なポイントです。
中には質問された答えに必ず自己アピールを付加して、好感度を上げようとする方もいらっしゃいます。しかし、それでは自己主張が強すぎ病院などのチームワークを必要とされる職場では敬遠される可能性もあります。
「面接官の質問」に対しては簡潔に答え「貴方の考え」を求められた時にだけ、前向きに「自分の気持ちを伝える」くらいが丁度よいと考えてください。

しかし、それだけでは「面接官の印象に残るか」と言う部分では確かに印象度は強くありません。「教科書通り」の人間と思われるだけで、「普通の印象」しか残りません。
面接官に強烈な印象を残すために、「何かありますか」と最後に言われた時点で、こちら側から逆に質問する事を提案します。

面接前には必ず面接を受ける病院や調剤薬局、または企業のHP等を確認して情報収集をしていると思います。面接官の質問にただ「答える」だけでは無く、自分から疑問に思った点や知りたいと思われる事柄を幾つか抜き出し、こちらから「逆質問」の為の「質問」を用意していきましょう。

面接官としては中には驚く方もいらっしゃいますが、決して悪い意味では無く「きちんとこちらの情報を勉強してきている」と関心を寄せてくれるはずです。

例えば「今後は在宅医療の分野に力を入れる予定」と言う内容が記載されていいた場合、「在宅医療には私も以前から興味を持っていいますが、こちらでは特にどのような形でいつ頃導入をご検討されているのですか」等、自分が求人側の「目玉」としている部分について、興味を持っている事をアピールする事で強い印象が残せる筈です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜