HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 面接~入退室の仕方~

面接~入退室の仕方~

応募書類作成や面接対策について

面接会場へは20分前に到着し、身だしなみを整えてから面接が受けられるよう心掛ける事が大切です。

入室時に、軽く「ドアを2回」ノックします。
面接官から「どうぞ。お入り下さい。」という声がかかってからドアを少し開け、面接官を見て大きな声で「失礼いたします」と言って入室しドアを閉めます。
この時、ドアは片手で開け静かに開閉するように気を付け、面接官に背中の正面を見せないよう少し斜めの角度でドアを閉めます。

入室後は面接官に向き直り、一礼後「よろしくお願いいたします」と挨拶を行います。
この時は姿勢を正して椅子まで歩を進め椅子の横(ドア側)に立ち、手を男性は「身体の横」にまっすぐ伸ばし、女性は「身体の前」で軽く重ねましょう。

「お名前をお願いします」と言われますので、面接官の目を見ながら大きな声で名前を言った後、必ず「本日はよろしくお願いいたします」と付け加え一礼(45度)します。
この時、一例と自己紹介が一緒にならないように気を付けましょう。

「どうぞ、お掛け下さい」と促されたら、「失礼いたします」と 言ってから一礼(15度)し着席します。
椅子へは半分ほど腰を掛け背筋を伸ばし、男性は手を軽く握り女性は手を軽く重ねて膝の上へ置きます。

退室は、面接官から「以上で面接を終わります」と言われてから、椅子に座った状態で「本日はありがとうございました」とお礼を一言添え、一礼してから立ち上がりドアに向かって歩きます。
ドアの前に面接官に向き直り、もう一度「失礼いたしました」と挨拶をしてから一礼し、ドアを開け軽く会釈をした後にドアを閉めて終了です。

面接での立居振舞は人を観察する上での最終チェックとなりますので、最後まで気を抜かないよう心がけましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜