HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > ドラッグストア

ドラッグストア

応募書類作成や面接対策について

ドラッグストアが求める人物像とは

「ドラッグストア」において、採用側が重要とするポイントは「魅力的で面接をしてもいいと思わせる人物」「長く勤務してくれそうな人物」です。

ドラッグストアは、様々な患者様やお客様が来店されます。
その為「明るい・優しい・誠実」等の「魅力的な人物」を求めています。

大半のドラッグストアにおいては「店舗営業のノウハウ等の教育に関する研修」を行い、お金をかけて人材育成をする為「すぐに辞めてしまう人」を採用したくないのが本音です。

「大きな目標」を掲げるよりは「地道で努力家」な薬剤師が理想といえます。
この二つを踏まえた上で、合格する為の履歴書の作成が必要です。

何を学んだのか、資格をどのように活かしてきたのかが大事

ドラッグストアでは「履歴書」とは別に「職務経歴書」を重要視します。

今まで行ってきた仕事の「内容・実績・知識・技術」また「ふさわしい人物」であるかを判断し「ドラッグストア」と言う環境における「即戦力」を「効率的」に採用する為の方法でもあります。

「職務経歴書」の内容としては、単に、今までの勤務先や、取得している資格を記入するのでは無く「過去の勤務先において学んだこと」「取得した資格をどのように活かしてきたか(または今後活かしていきたいのか)」と言った事が必要とされます。

採用側はこれらの実績を基に、店舗で勤務する際に必要かどうかをイメージしていきます。

応募する店舗の求人条件を把握しよう

出来れば採用する側の求人条件を熟知し、事前に店舗を見学する事で、必要な人材の情報を集めておくことが望ましいと思われます。

それに即した内容に近付けることが「必要とされる人材」と思わせるコツでもあります。

(例)
「○○企業 MR勤務」
※営業で学んだ、お客様への対応を活かして、心のこもった接客を心がけたい。

「サプリメントアドバイザー資格取得」
※お客様の必要とされるサプリメント・健康食品に関するアドバイスで貢献していきたい。

等、今後必要と思われる内容に即した書き方を心掛けましょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜