HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 面接に成功できる薬剤師の特徴

面接に成功できる薬剤師の特徴

応募書類作成や面接対策について

転職で応募書類を提出した上で「面接」にこぎつけたら、後はどのように「面接」を受ければ「合格できるか」と言うのが最大の焦点となります。
面接に成功できる薬剤師には決まって「特徴」がありますので、それを熟知しておくと活用する事が出来ます。

「転職の理由」が「明確に答えられる事」が出来る薬剤師は、有利と言えます。
採用側からすればこの職場の「どこに魅力を感じ」「何をやりたいのか」と言う事は、今後の業務の上でもその薬剤師のモチベーションへも繋がって行く重要な要素の一つです。
その為にも「転職の理由」は具体的に、出来れば事前に調査した求人側の資料等で「求められる人材」に結びつけて、明確な理由を答えられるように準備しておく必要があります。

採用側としてその人の将来性を見極める為に「将来なりたい薬剤師像」を質問される事があります。
この時には漠然とした内容では無く、例えば「子供の頃お世話になった調剤薬局の薬剤師さんに勇気を頂けたので、ぜひ一度は調剤薬局で勤務し患者様の気持ちがわかる薬剤師になりたいと思い、こちらならそれが可能と思われたので応募させていただきました」と具体的な例を挙げてみるのも良いでしょう。

年収に関して「出来るだけ高収入で」勤務を希望するとは思われますが、まずは「自分に見合った年収」を「自分の価値」を客観的に考えて提示する必要もあります。
自分を「過大評価」する「勘違い薬剤師」もいらっしゃいますが、いくら「薬剤師不足」であっても、力の無い人間に、大金を払ってくれるほど世の中甘くは有りません。

むしろ「自分のやりたい仕事の為なら多少年収が下がっても大丈夫」と答えられる人ほど、人間的にも薬剤師的にも大きな成長が予想されるとされ合格率は高くなると考えられます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜