HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(面接) > 応募書類作成や面接対策について > 病院・総合病院

病院・総合病院

応募書類作成や面接対策について

「履歴書」は「職務履歴書」とは異なります。
特に「病院・総合病院」においては「調剤業務・服薬指導」が出来る事が前提です。
その為、履歴書において、特にこれまでの経験をアピールする事だけでは「採用に繋がる履歴書」にはなりません。

ここで必要とされるのは「ミスの無い丁寧な履歴書」です。
・修正液を使わない。
・写真はスピード写真では無く写真館で撮影する。
(身だしなみを整え、姿勢よく)
・「誤字・脱字」「卒業年月日のミス」等
これらを念頭に置いて、履歴書を作成しましょう。

次に必要とされるのは「志望動機」です。
特に「病院・総合病院」の場合、給与や雇用条件・通勤圏内等の理由ではまず採用されません。
「なぜここの職場を選んだか」と言う事がキーポイントです。

・自分の仕事の価値観に合う病院である
・病院自身がアピールしているポイントが印象的であった
・自分の目標の為に必要とされる知識を学びたい
・大きな組織の中で、薬剤師としての役割を果たし、医療に携わって行きたい

この様な内容に沿った「志望動機」を作成しましょう。

これらはまず、自分が就職したい病院の「特徴・専門性・患者様から支持される理由」等を細かく調べ・熟知しておくことが最も重要です。
その上で「病院の必要としている人材」「自分の働く意欲・目的」を明確にしておく必要があります。

(例)
・がん患者の治療で有名であるこの病院で、知識と技術を学び、行く行くは「がん 専門薬剤師」となり、病院へ貢献する事を目標としています。
・小児科が少ない現在「小児専門薬剤師」としての知識と技術を存分に発揮できる職場はここしかないと思い、どうしてもこの病院で働きたいと思っています。

「この職場以外では働く意味が無い」と言った内容を前面に押し出す必要があります。
少しでも採用側が「興味」を示し、この病院においての「戦力」として「貢献できる人材」と思わせる事が大切です。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜