HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 薬局長とは

薬局長とは

転職・就職(事前準備)

「薬局長」と「管理薬剤師」は、混同されやすいのですが、この二つは業務内容において、多少内容が異なる点があります。

「薬局長」とは、法律で定められたものではありませんが、各店舗に一人置かれる「最高責任者」の事で、簡単に言うと「店長」の役割を担っています。
大手のチェーン薬局などでは、主に本部との繋がり強く、他の医療機関とのコミュニケーションを取る等外交的な部分が中心で「薬局経営」に関しての業務を任される事となります。
また「薬剤師や従業員の統括」を行う上でも重要な立場にあり「人材育成」を目的とした「薬剤師・従業員の教育」を任されている事から「やりがい」や「充実感」を得られる任務でもあります。

これに対して「管理薬剤師」と言うものは「薬事法」によって1店舗に対して「責任者として必ず一人設置する事」が定められています。
主に、薬剤の「管理・保管」および「帳簿記載」等を任され、薬局内部に関する「業務のリーダー」と言えます。
ですから何らかの「トラブル」が発生した際には「緊急対処の権限」が与えられています。
また「薬剤師業務」における「直接的なリーダー」として「中心的役割」を担う事になります。

この様に、どちらも「リーダー」としての役割を担っていますので、店舗によっては、一人で、この二つを兼任している場合もあります。

「薬剤師」が調剤薬局に勤務する上で「薬局長」や「管理薬剤師」となる事による最大の「メリット」は、役職を与えられる事で、多少ではありますが「昇給」が期待できる事から「年収アップ」にも繋がる事です。
また「責任を持つ」事で、薬剤師としてだけでは無く、人としてのキャリアもアップも出来ます。

「薬局の管理」と言う面では「薬局長」も「管理薬剤師」も、その業務の範囲は「異なる部分」と「重なる部分」が存在し、どちらも「責任を持つ」と言う面では、同じ立場とも言えるでしょう。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜