HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > webから情報収集する

webから情報収集する

転職・就職(事前準備)

最近の若い人の間では、情報収集に関しては「インターネット」を使う方が増えています。
スマートフォンやタブレット端末の普及により、今まで以上にwebでの情報収集が容易に出来るようになりました。
その反面、様々な情報が混在し、間違った情報・都市伝説的な情報も含まれている場合が多く、Web上の内容をそのまま信じる事には少々疑問も感じます。
中には「インターネットを利用する事は非常に危険だ」と必要以上に拒絶する方もいらっしゃいます。
確かに、最近のニュースでもあるように「ネット犯罪」に関する事件は多発していますが、これはある特殊な場合に存在するもので、通常の利用の範囲内であれば、全く問題はありません。
これからの時代においてこうした「webからの情報収集」は必要不可欠となっていきます。

薬剤師が一番利用しやすいもので「Facebook」の存在が有ります。
その中には「薬剤師グループ」が存在していて、最新の情報交換や質問の場として3000人以上の薬剤師が参加しています。

Web上で情報収集をする場合には「最新の情報であるかどうか」また「信用度の高い物であるか」と言う点で気を付けなければいけません。
出来ればいくつかのサイトを検索してみて、信頼出来る情報であるかどうか、判断する事も必要です。
必要な際にいきなり情報を探すのではなく、日頃から役立つ情報を提供しているサイトを検索しておいて、ブックマークしておくようにするのも一つの方法です。

「薬事法」や「新薬」「後発品」の情報に関しては、厚生労働省のホームページを参考にするのが一番信頼をおけます。
また、サイト上には閲覧件数の多い順に掲載されているので「古い情報」も検索すると一番上に表示される場合もあります。

「Webから情報収集をする」場合には「新しい情報」「信頼できる情報」「信頼できるサイトを事前に確認しておく」等、注意して利用することで、上手な情報収集が可能となります。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜