HOME 薬剤師の転職カウンセリングルーム > 転職・就職 > 転職・就職(事前準備) > 転職前に知っておくべき情報

転職前に知っておくべき情報

転職・就職(事前準備)

「6年制薬学部」への切り替えに伴い、「新卒薬剤師」が輩出されなかった「空白の2年間」に加え、新卒の薬剤師の大半は、大病院や製薬企業に流れてしまったと言う事もあり、現在「薬剤師業界」は売り手市場とされ、中途採用での「転職」が有利な状況となっています。
しかし「選択肢が豊富」だからこそ、安易に転職先を決めてしまうと、後々後悔する事になりかねません。

ある調査会社がアンケートをしたところ、 72.4%の薬剤師は「転職経験有」と答え、その内の66.6%は「2回以上の転職経験有」と言う回答結果が得られました。
これは「最初の転職に失敗した」と考える薬剤師が、半数以上いると言う事にもなります。
これらの「転職理由」の多くは、プラス思考である「キャリアアップ」や「やりがいを見つける」と言った理由は少なく、実際は「職場の雰囲気や人間関係の悪化」「事前の説明と実際の業務内容や条件とのギャップ」「経営者や管理者のモラルの低さや会社の将来性への不安」等の、マイナス理由が圧倒的に多いのが実情です。

誰もが、転職の際に「理想を100%叶える」事は、非常に難しい事です。
転職活動で「最優先」するべきことは、「充分満足できる最適な環境」である事が重要です。万一、居心地の悪い環境にも関わらず「年収」だけで転職先を決めた場合、決して転職が上手くいったとは言えません。

自分の価値観を明確にしておく事で、「これだけは譲れない」ポイントを明確に出来れば、転職は「8割がた成功」と思っても良いでしょう。
その後「次に譲れない事」「多少は妥協出来る事」をしっかりと挙げておく事で、外部からの「余計な情報」に振り回される事は無くなる筈です。

現職での自分の転職理由を、冷静且つ客観的に見つめ直した上で、具体化させる事で「転職先に希望する条件」に「優先順位」を付ける事、また「8割は納得できる」と言う転職先を見つける事が「後悔しない転職」をする秘訣とも言えます。

転職の流れはつかめましたか?転職は勇気がいることだけど、1つ1つステップを踏んでいくメェ~。
キャラクター

facebook & twitter

SNS

ランキングだメェ〜